悔いのない選択

 看護の仕事に就くとその忙しさから自分のプライベートとの折り合いをつけられずに恋人を作って婚活にまで至らずになかなか結婚が出来なくて嘆いている人もいるのではないでしょうか。或いは看護師の給料が良い為にわざわざ結婚までして家庭に収まる価値観が無いものだとして踏み切っていないのでしょうか。給料の高い方は普通のサラリーマンかそれ以上に稼ぎますからね。その一方で、20代の方で結婚に踏み切った方がいいのか、このまま仕事を続けていくべきなのかと迷っている方もいらっしゃいます。結婚をするということは男女共に人生の節目を感じる瞬間でもあり、最高の喜びの中で最高の賛辞や祝福を受けて二人揃って明日からの新たな人生の幕開けを迎えていくという人生においての最も絶頂を感じる瞬間ではないのでしょうか。その瞬間を夢見て結婚を望んでいる人にとっては今正に重大な選択を迫られているということになります。「二頭を追うものは一頭も得ず」という諺があるように二つの中から一つしか選ぶことが出来ないのです。しかし、結婚だけが人生の明暗を分け隔てていくわけではありませんので結婚をしていない人の中には独身で自由奔放に生きていたいという人もいるので一概には言えることではありませんが・・・。
 看護の仕事を続けていくことはそれだけ同僚や患者の期待を一心に受けていることになるので辞めずに続けることも後悔のない生き方のような気がします。人に必要とされていることが自身の支えにもなるからです。

Posted under 未分類 by admin on 火曜日 18 6月 2013 at 3:34 AM

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ